阪神高速14号松原線 喜連瓜破⇔三宅JCT 2022年6月1日(AM4:00)~2025年3月末(予定) 終日通行止になります

 

いつも首都・阪神高速利用協同組合のブログをご覧頂きましてありがとうございます。 

今回は、2022年6月1日から2025年3月末(予定)の約3年間かけて行う 

14号松原線 喜連瓜破付近 橋梁大規模更新工事についての、う回乗継や工事内容・目的をご案内させていただきます!

 

一般道路を介した う回乗継について

通行止め期間中は、通行止め区間をう回するための一般道路を介したう回乗継(14号松原線 駒川・喜連瓜破出入口⇔6号大和川線 三宅西出入口)がご利用いただけます。

工事期間中のう回(広域)について
工事期間中のう回(広域)について

三宅西出口から乗継ぐ際は、進行方向左端側の出口料金所をご利用ください。
(本線料金所への誤進入にご注意を!) 

 

通行止め期間中は、喜連瓜破周辺の一般道路において、渋滞が予想されます。阪神高速では迂回利用時、松原経由時と通行料金が同じになるように料金調整が行われます。(ETC車対象。経路・出入口など条件あり※1)

※1 詳しい料金調整につきましては、阪神高速のホームページにてご確認をお願いいたします。

https://www.hanshin-exp.co.jp/renewal/kireuriwari/fee.html 

 

工事目的・内容について

大規模更新工事を行うコンクリート橋は交差点をまたぐため橋長が長くなっており、交差点の真上には橋桁のつなぎ目があります。

しかし、橋が完成してから約40年が経過しており老朽化が進行。継ぎ目付近は設計時の想定を上回る約24cmの垂れ下がりが生じて、路面が大きく沈下しました。

現在この部分はケーブルで補強されており、安全に走行できる状態で管理しているといいますが、根本的な解決に至っていません。

そこで今回、道路を長期通行止めにし、継ぎ目のある現在のコンクリート橋を撤去し、新たに鋼製の連続橋を架けます。

橋桁の垂れ下がりを解消、より安全性の高い橋桁へ
橋梁を架替える工事を実施

 

 

阪神高速では、笑い飯の哲夫さんが登場する通行止めに関する動画や、工事の特設サイトなども公開しています。利用を予定しているドライバーの方は、事前に参考にしてみてください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。