ETC割引最大効果への道②‥《参加型》と《結果型》割引

毎年、制度や予算に影響され情報が錯綜しがちなETC割引の世界。

ETC機器も最近は『ETC2.0』のような新バージョンも登場し、旧バージョンETCから買い替えれば割引が良くなる・・ような錯覚を起こさせますが、あくまでも限定的です。

前回お話ししたETC割引を最大に活かす方法・・どんなに混迷を極めても、ETCの割引で必ず押さえておかなければならないのは、

《参加型割引》⇒ETCを取付けて高速道路を利用する(ETCのバージョンは関係なく)だけで、誰でも受けることが出来る割引と、

《結果型割引》⇒利用しているカードの種類や登録しているポイント制度によって、ETCでの高速道路利用をした後に付いてくる割引。

私の造語ではありますが、この2種類がETC割引の根幹を成している。そして、この2種類の割引の性質をよく理解し活用する事こそが最大のETCの割引を引き出します。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です