【涼】という字に込めた想い

福岡は本日よりまん延防止等重点措置(まん防)の実施下に置かれました。

 

昨日は全国のガソリンレギュラーの平均価格が170円を超え、初めて政府が

ガソリン価格上昇抑制策を発動。

末端ユーザーへの転嫁なるか、が問われます。

  

前回のブログにも書いた、次年度の首都高速の料金体系の実質値上げ。

次々年度には阪神高速の値上げも予想されています。

  

好きな漢字の一つに【涼】という漢字があります。

漢字から滲み出る、いかにも涼し気な字体にも惹かれるのですが、

【涼】には表す意味として、まず「すずしい」が当然思い浮かびますね。

その「すずしさ」は心地よい、快い涼しさ。そしてクール、冷静と意味が進みます。

  

私が常に心掛ける行動指針に

《熱き心と冷静な頭を持て!!》

が有りますが、

まさに冷静な頭を表すのが、【涼】なのです。

  

「何が有っても、涼し気な顔をして切り抜ける」・・・

そんな落ち着きを感じるのです。

何事にも動じずに、淡々と。こんな時期だからこそ、そう在りたい。

 

今年は値上がり傾向が止まらないガソリン価格、値上情勢一色の首都高・阪神高。

動じず淡々と涼し気な我々が必ずご指南いたします。

一度ご相談くださいませ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。